東京都、水道の技術支援途上国で拡大

2017/7/13 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都は途上国向けの水道事業での技術協力を拡大する。質の低い水道管からの漏水などにより供給した分の水道の料金収入が得られない「無収水」対策が柱。現地で技術指導や器材提供を行うほか、現地職員を日本国内の研修施設に招き、都の水道技術を体験する機会も設け、水道管の修繕能力を底上げする。途上国の水道事業を支える技術力の向上や人材育成につなげる。

東京都水道局の外郭団体の東京水道サービス(東京・新宿)はマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]