アイビック食品 海外・業務用を開拓 新工場、生産能力2.5倍

2017/4/13 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

だし・たれ・スープ製造のアイビック食品(札幌市)は、海外展開や業務用需要の開拓を加速させる。主力商品の家庭向け昆布だしが好調で、売上高が2016年に10億円を突破。札幌市内に新工場を建設して生産能力を2.5倍に増強し、中国輸出やOEM(相手先ブランドによる生産)など新たな市場開拓に備える。

3月、約7億5千万円を投じて札幌市東区苗穂町に建設していた新工場が完成した。新工場の延べ床面積は約2千平方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]