/

原子力規制委、東京電力柏崎刈羽原発を現地調査

原子力規制委員会は12日、東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)6、7号機の事故対策や設備に関する現地調査を始めた。事故を起こした福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉で設備に対する現地調査をするのは初めて。事故時に格納容器の圧力を逃がすフィルター付きベント(排気)装置などを調べ、非常用電源の起動訓練などを確認する。

東電は2013年9月に6、7号機の審査を申請した。規制委はこれまでの審査会合で議論してきた点について現地調査で確認する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン