道産野菜、収穫翌日に首都圏店頭に 農業総研

2017/1/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農産物流通ベンチャーの農業総合研究所は、北海道内で収穫した野菜を翌日に首都圏のスーパーマーケットで販売する事業を4月をめどに始める。道産野菜は多くがフェリーや貨物列車で道外に運ばれ首都圏での販売は収穫から最短2日後だが、飛行機を使い新鮮さをアピールする。トマトやキュウリなどを首都圏で大量販売できれば、道内農業の新たな可能性につながりそうだ。

農業総研は全国50カ所以上に野菜集荷場を設けている。農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]