/

この記事は会員限定です

ウエノテックス 無人で廃タイヤ処理 装置発売

[有料会員限定]

破砕機を製造・販売するウエノテックス(上越市)は省人化につながる装置を相次ぎ発売する。廃タイヤを無人で破砕するロボットや、遠隔地で機械の異常を感知できるシステムを開発、廃棄物処理やリサイクルを手掛ける事業者に売り込む。同社の顧客企業は人手確保に苦戦しており、少ない人員で動かせる装置のニーズは高い。研究開発も強化して需要の増加に対応する。

自動でタイヤを粉砕する装置は既に小型タイヤ向けを発売済みで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン