/

この記事は会員限定です

新千歳を民営化、国交省・道が方針 道内4空港一括を視野

[有料会員限定]

国土交通省と北海道は新千歳空港を民営化する方針を固めた。新千歳、函館、釧路、稚内の4つの国管理空港の一括民営化を視野に、道内に13ある空港の活性化につなげる。仙台などすでに手続きが進む空港があるなか、新千歳は国内屈指の収益力を持つ空港として注目を集める。

国による空港の民営化ではまず地元の意見・要望を聞く必要がある。道が容認する方針を地元経済界に伝え始めた。新千歳の着陸料や空港ビルの物販収入を合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン