埼玉県、川の再生へ事業募集・市町村から

2016/8/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は川の再生の新たな施策「川の国埼玉はつらつプロジェクト」を始めると発表した。水辺空間を整備し、市町村の地域振興の取り組みに生かす。市町村から協働事業を募集して今年度末までに選定し、5年がかりで事業を進めるという。

埼玉県は県の面積に占める河川の割合が3.9%と日本一。2008年度から「水辺再生100プラン」、12年度からは「川のまるごと再生プロジェクト」を進め、清流の復活、安らぎとにぎわいの空間創出に取り組んできた。

水辺空間を地域の共有資産として利活用する動きは広がってきており、地方創生の総合戦略などと連動させ、川に集まる人を他の観光スポットに誘導するなど、川沿いだけでなく地域全体に効果を広げるようなプロジェクトの展開を目指す。

22日に市町村説明会を開き、9月末まで事業の提案を募集する。県が護岸や遊歩道など川の周辺のハード面の整備を担い、市町村が街中の施設やソフト面の整備を進める。県水辺再生課は「地域住民や民間企業などと連携した地域振興を後押しする取り組みにしたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]