茨城県のさしま茶、ニジェールに輸出 海外の販路開拓

2016/8/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

茨城県の名産「さしま茶」の生産者らで構成するさしま茶協会は9日、西アフリカのニジェールに茶葉を輸出すると発表した。現地で子どもへの支援活動を手掛ける一般社団法人コモン・ニジェール(同県守谷市)などと連携し、8月中旬にも500キログラムを輸出。販路拡大につなげたい考え。

さしま茶は茨城県の古河市、坂東市、常総市、境町、八千代町で生産される茶葉で、豊かな香りとコクが特徴だ。江戸時代に栽培が始まったと…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]