/

小池知事、豊洲市場を視察 「安全・安心さらに高める」

東京都の小池百合子知事は9日、都内の豊洲市場を視察した。豊洲市場訪問は就任直後の昨年8月以来で「豊洲に移転、築地は再開発」との基本方針を示してからは初めて。土壌汚染に伴う風評被害の払拭に向けて豊洲市場の近くに住む住民約130人と意見交換し「ご迷惑をおかけしている。追加工事で安全・安心をさらに高める」と話した。

市場内でターレと呼ばれる小型作業貨物車が走行するスロープや屋上の緑化広場などを約30分かけて見て回った。意見交換では「市場の中身、すばらしさをしっかりとアピールしていきたい」と強調。住民からは豊洲市場内に計画している商業施設を予定通り開設するよう求める声などがあがった。

都は豊洲市場について、法的、科学的に安全との見解を示しているが、築地市場の業界団体は小池知事による「安全宣言」を求めている。小池知事は風評払拭のため、都民を対象とする見学会を定期的に開催するなどPRを強化する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン