/

この記事は会員限定です

小池知事、保育定員5000人上積み 待機児童対策

16年度補正予算案で100億円超

[有料会員限定]

東京都の小池百合子知事は8日、100億円超の緊急の待機児童対策を実施する方針を固めた。保育所の施設整備や人材の確保を支援し、2016年度中の保育定員の拡大幅を5千人分増やす。16年度補正予算案を28日開会の都議会に提出する。9日の記者会見で発表する。

都内の待機児童数は都道府県別で最も多い。4月時点で8466人と前年同期比652人増えた。小池氏は7月の都知事選で最重要課題の一つとし、待機児童の解消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン