/

タイプエス、気象観測ドローン開発

気象観測機器を販売するタイプエス(前橋市)は上空の気象情報を観測する小型無人機(ドローン)を開発した。10月に発売する。上空で風速や温度など5つの気象情報を観測し地上にデータを送る。リアルタイムで監視や記録が可能になり、ロケットの打ち上げ前や風力発電施設建設前の事前調査などに活用できるとみている。

上空気象観測用ドローン「R-SWM」を開発した。ドローンが指定された緯度、経度、高度で風向、風速、温度、湿度、気圧の情報を取得。地上に送った情報は専用のソフトウエアをインストールしたパソコンで閲覧できる。

風向と風速観測はドローンの飛行方向や速度に影響を受けるが、機体に搭載した全地球測位システム(GPS)信号などで飛行方位、速度を計算し観測値を補正して正確な情報を取得する。この技術はタイプエスが特許を出願中だ。

機体は千葉大発のベンチャー企業、自律制御システム研究所(千葉市)製を採用し、観測、通信機器を搭載した。

価格は専用のソフトウエア込みで400万円(税別)で、風に強い大型機は600万円(同)の見込み。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン