/

札幌市長、秋元氏が初当選 12年ぶり新市長

(更新)
秋元克広氏=共同

12日投開票の札幌市長選は、無所属で新人の元副市長の秋元克広氏(59)=民主、維新推薦=が、自民推薦の新人で元総務省職員の本間奈々氏(45)ら4人の候補を破り初当選した。12年ぶりに新しい市長が誕生する。

秋元氏は人口が間もなく減少に転じるとされるなど、札幌市が転換点にさしかかっている点を強調。道外企業の誘致による優秀な人材の流出防止や、民間投資を呼び込むまちづくりの推進などを政策として掲げた。民主党や連合北海道など現職の上田文雄市長(66)の支持基盤を押さえた上で、地元経済界や公明支持層の一部も取り込んだ。

対抗馬の最有力とされた本間氏は、市営地下鉄の複数路線の延伸といった積極的なインフラ投資策に加え、国や与党とのパイプの太さを訴えたものの、無党派層の支持を集めた秋元氏に水をあけられた。

 秋元 克広(あきもと・かつひろ)北大法卒。市長政策室長、副市長。北海道出身、59歳。初当選

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン