/

福岡県知事、小川氏が再選

(更新)
小川洋氏=共同

12日投開票の福岡県知事選は、無所属で現職の小川洋氏(65)=自民、公明、民主、維新、社民推薦=が、共産の支持を受けた無所属新人で弁護士の後藤富和氏(46)を破り、再選を果たした。

小川氏は同日投開票の県議選や福岡市議選の候補者を通じて、経済対策などの公約への支持を広く訴えたほか、県医師会など支持団体の組織票固めで先行した。後藤氏は「脱原発」などを訴えたが及ばなかった。

 小川 洋(おがわ・ひろし)京大法卒。特許庁長官、内閣広報官。福岡県出身、65歳。当選2回。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン