2019年2月24日(日)

高速バスのウィラーが鉄道会社 まず北近畿で運行受託

2014/8/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高速バス会社のウィラーアライアンス(東京・新宿)は鉄道を運行する新会社を設立した。来春から第三セクターの北近畿タンゴ鉄道(KTR、京都府宮津市)の運行受託が決まっており、将来は他の地方鉄道への拡大も見据える。異業種が鉄道運行に乗り出すのは珍しい。

新会社はウィラートレインズ(大阪市)で、アライアンス社の村瀬茂高社長が社長を兼務する。鉄道事業法に基づき、運行のみを手がける「第二種鉄道事業者」の認可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報