/

この記事は会員限定です

さいたま市議会自民、清水市長と対決姿勢 来年の市長選にらみ

[有料会員限定]

2017年5月に予定されるさいたま市長選をにらみ、市議会最大会派の自民党が清水勇人市長との対決姿勢を鮮明にしている。4日閉会した市議会の9月定例会では、市長提出の前年度の一般・特別会計決算が同党の反対で認定されなかった。市長選での独自候補擁立もちらつかせ、同市長に揺さぶりをかけている。

市議会の9月定例会では、市長提出議案など19件が可決されたが、15年度の一般・特別会計決算は不認定となった。市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン