/

この記事は会員限定です

1000万色の3Dプリンター ミマキエンジ

[有料会員限定]

業務用インクジェットプリンター大手のミマキエンジニアリングは年内にも自社製3Dプリンターを発売する。インクを紫外線で固めながら積み重ねて造形する方式を採用し、石こうを使う製品の約2倍にあたる1000万色を表現できるようにした。1台約2千万円で販売し、玩具メーカーなどに売り込む。紙用のプリンターで培った技術を成長市場で生かし、新たな収益源に育てる。

発売予定のプリンターはほぼ開発を終え、最終調整段階...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン