/

原子力機構に水戸労基署が立ち入り調査

水戸労働基準監督署は6、7日の両日、日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)に立ち入り調査を実施した。現場の安全管理体制に不備がなかったかなどを調べるため。同センターの担当者から聞き取りを行い、状況確認や情報収集に当たった。

同署は今後も立ち入り調査を進めていく方針。内容次第では同センターへの指導を下す可能性もあるとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン