/

この記事は会員限定です

鉄道博物館、17年に広さ2倍へ 北陸新幹線開業で

[有料会員限定]

東日本鉄道文化財団は首都圏の人気観光スポットである鉄道博物館(さいたま市)を増築する。2015年8月にも着工する。完成後は現在の2倍以上の広さとなり、展示車両などを大幅に増やす見込み。15年3月に北陸新幹線の長野―金沢間が開業し博物館に近い大宮駅の利便性が一段と高まるなか、展示を充実させ来館者の増加を狙う。

敷地内に地上5階建ての施設を新たに建設する。増築分の延べ床面積は約3万6500平方メート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン