CGCグループ スーパーに交流機能

2017/9/7 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の食品スーパーの共同仕入れ機構、シジシージャパン(CGC)グループが加盟各店の集客力を高めるため、店舗内に地域住民の交流機能を備える。1号店としてヤオハン(栃木県栃木市)の栃木市内の店舗を16日に改装し、売り場の約1割相当の空間で料理や健康関連などのイベントを連日催す。地方の人口減に対応するため、住民や仕入れ先とのつながりを強める。

具体的には店内に多目的に使えるスペースを設置。食品スーパー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]