スキー場、外国人で繁盛 円安が追い風

2015/2/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

円安や雪質の高さなどを背景に、国内のスキー場が外国人でにぎわっている。オーストラリア人が北海道だけでなく本州にも注目。さらにアジアからの旅行者が雪に親しもうと体験するケースも増え、日によっては外国人比率が4割に達するスキー場もあるほどだ。若者など日本人の人気回復がいまひとつの中、外国人が有力な客層になっている。

■アジア圏から増加

国際的スキーリゾートであるニセコグラン・ヒラフスキー場(北海道倶知…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]