北海道新幹線、「青函」が阻む3時間台(真相深層)
低い乗車率、かさむ整備費…財務の重荷に

2015/12/26 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道新幹線開業まで26日で、あと3カ月に迫った。運行ダイヤが発表され地元の期待は高まるが、東京―新函館北斗(北海道北斗市)は4時間を超す。乗車率は平均26%程度の見込みで、当面は年約50億円の赤字が続く。脆弱な財務体質や相次ぐ事故・不祥事に悩む北海道旅客鉄道(JR北海道)だが、新幹線が通る青函トンネルも大きなネックとなっている。

「いよいよ開業が近づいてきたと実感が湧く」「旅行商品の企画などが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]