/

ヒューリックと東武鉄道、日光に高級旅館

不動産大手のヒューリック東武鉄道は5日、2019年秋をメドに栃木県日光市に高級温泉旅館「日光 ふふ」(仮称)を開業すると発表した。東武が所有する「田母沢御用邸付属邸」の跡地をヒューリックが賃借し、計22の全客室に温泉の露天風呂を備えた低層の旅館を建設。富裕層のシニアや外国観光客の獲得を狙う。

旅館の延べ床面積は約3千平方メートルで、全室50平方メートル以上を確保。レストランやバー、大浴場も備える。来春ごろに着工し、総工費は非公表。

静岡県熱海市などで展開する高級旅館と同様、ヒューリックが一部出資する会社に運営委託をする方向。料金は1泊2日で、1室あたり10万円以上(2人利用なら1人5万円以上)を想定している。

建設地は広さが約1万4千平方メートルあり、旧日光田母沢御用邸に隣接して付属邸があった場所。払い下げを受けた企業を東武が傘下に収め、06年まで「日光田母沢ホテル」を運営した後は更地になっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン