予算編成も「小池流」 東京都、査定日数2倍

2017/1/6 0:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の小池百合子知事は5日、2017年度予算の知事査定に着手した。例年の2倍に当たる8日間の日程を確保し、就任後初の予算編成の総仕上げも「小池流」で進める。夏に都議選を控える今年は歳出圧力が高まるが、小池知事は「無駄の排除を徹底する」と強調。一般会計の歳出規模は5年ぶりに前年度を下回り、6兆9000億円台半ばにする方針だ。

査定初日は主に予算案の大枠を議論した。都税収入は海外経済の減速による企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]