2018年2月21日(水)

金子製作所、腹腔鏡手術支援ロボット開発着手

2016/7/6 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 金属加工業の金子製作所(さいたま市、金子晴房社長)は腹腔(ふくくう)鏡手術が1人でできる医療用ロボットの開発に着手した。内視鏡カメラの操作を自動で行い、持ち運びできる大きさに小型化する。医療用の3次元(3D)画像も組み合わせて精度の高い施術を目指す。最新の手術支援ロボット「ダヴィンチ」の簡易版として海外で売り込む。

 開発は中央大学理工学部の鈴木寿教授、信州大学繊維学部の西川敦教授と協力する。内視…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報