/

熊本地震、益城町で6日に仮設住宅160戸着工

熊本県の蒲島郁夫知事は5日の臨時記者会見で、熊本地震で甚大な被害を受けた益城町の3カ所で計160戸のプレハブ仮設住宅を6日から建設すると発表した。6月中旬の完成を目指す。一連の地震での応急仮設住宅は4月29日から西原村と甲佐町で計100戸の木造とプレハブ住宅の建設が始まったが、益城町では初めて。

益城町での仮設住宅着工は今回が第1弾となる。家屋の倒壊や損壊が激しい同町では県に対して約2千戸の仮設住宅の準備を要請している。

県災害対策本部によると、敷地約1万1千平方メートルの津森町民グランドに73戸、同町飯野にある敷地約5200平方メートルの町民グランドに34戸、約8千平方メートルの広安町民第1グランドに53戸のプレハブ構造の応急仮設を建てる。

蒲島知事は「仮設住宅の追加建設戸数は益城町と協議中で、避難所生活の解消に向けてスピード感を持って対応したい」と述べた。

仮設住宅の建設を巡っては他に熊本市や阿蘇市、南阿蘇村など12市町村と県が協議しており、知事は「建設地や配置計画、戸数について早急に決めたい」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン