/

この記事は会員限定です

ノーベル賞受賞者、地方の公立中高校出身多く

[有料会員限定]

今年のノーベル賞で日本からは3年連続で受賞者が生まれ、これまでの受賞者は合計25人に上る(米国籍を含む)。受賞者がどの大学の出身者かに注目が集まりがちだが、どんな高校や中学校に通っていたのかを調べたところ、18都道府県にわたり、そのほとんどは公立校だった。一部の大都市やエリート校に集中するのではなく、全国に散らばっていたという裾野の広さが日本の強さといえそうだ。

県庁所在地以外にも幅広く

今年は大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン