/

この記事は会員限定です

消火器使えば消防署に自動通報 日本ドライケミカルが開発

[有料会員限定]

使った瞬間、自動的に通報します――。消火設備メーカーの日本ドライケミカルは使用すると最寄りの消防署に自動で通報する仕組みの消火器を開発した。栓と本体の2カ所にICタグを貼り付け、栓を抜くとインターネットを通じて位置情報などが送信されるシステムを構築した。2016年春にも市場に投入し、年20万本程度を販売したい考えだ。

開発したのは「SmartXtn(スマートエクスチン)」。個人のほか、工場や大規模...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン