/

この記事は会員限定です

北海道の高橋知事、副知事を刷新 任期後半入りで

[有料会員限定]

4月で4期目の折り返しを迎える北海道の高橋はるみ知事は4日、任期後半に向けて道幹部を刷新する方針を固めた。3副知事のうち筆頭の荒川裕生氏(61)が退任し、後任に窪田毅総合政策部長(60)を起用する方向で調整に入った。窪田氏は人口減対策などの分野でかじ取り役を担う。

山谷吉宏(63)、辻泰弘(61)の両副知事は続投する。山谷氏が筆頭副知事となるもようだ。

窪田氏は慶応大卒で1980年入庁。企画・経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン