/

三菱自、水島製作所で軽自動車生産を再開

三菱自動車水島製作所に出勤する人たち=4日午前、岡山県倉敷市

三菱自動車は4日、燃費データ不正問題で稼働を停止していた水島製作所(岡山県倉敷市)での軽自動車4車種の生産を約2カ月半ぶりに再開した。停止が続いていた生産ラインを調整した上で、同日は5台を製造する予定。今後は徐々に生産台数を増やし、20日に本格稼働する計画だ。

水島製作所には4日朝、軽自動車の組み立てを担当する従業員らが出社した。40歳代の男性従業員は「久しぶりの会社でうれしい」と笑顔を見せた。

三菱自は燃費データ不正問題を受け、水島製作所の軽自動車生産ラインを4月20日から停止。これに伴い、従業員3600人のうち1300人が一時帰休となり、一部は他工場への応援派遣などに回っていた。今後は順次、職場に復帰する。

軽自動車の生産台数は7~8月には月間5000台、9月は同9000台に増やす計画だ。

水島製作所の生産停止により、取引先の部品メーカーも操業停止に追い込まれるなど、地域経済に大きな影響が出ていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン