米ハイアットが京都で「宿坊」 5カ所、訪日富裕層取り込み

2015/12/4 13:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米高級ホテル大手のハイアット・ホテルズは年明けにも、京都の寺院で宿泊サービスを始める。世界文化遺産の天龍寺など5カ所で施設管理を受託し、京都の傘下ホテルの宿泊客を対象に座禅などが体験できる宿泊プランを提供する。外国人客の多い京都で観光名所の寺を「宿坊」として利用できる新サービスを通じ、富裕層の取り込みを狙う。

ハイアットリージェンシー京都(京都市)の宿泊客のオプションプランとして、天龍寺や大徳寺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]