/

この記事は会員限定です

人口減もがく自治体 消滅可能性都市、4割が予算増

[有料会員限定]

人口減少で将来消滅の恐れがあると指摘された地方自治体の4割以上が、人口減関連の予算を増やす方向であることが日本経済新聞社の調査で分かった。危機感を背景に子育て支援や雇用、住環境の整備、移住促進などを手厚くしている例も目立つ。ただ、既に対策を打っていても実際に人口が増えたという自治体はごくわずかで、人口減対策の難しさが浮き彫りになった。

日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)が5月に発表した報告で「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン