JFEエンジ、コージェネ事業で磐田市と覚書

2017/2/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

JFEエンジニアリングは2日、磐田市とコージェネレーション(熱電併給)事業の共同出資会社を設立する覚書を交わした。商工業団地「磐田ららシティ」内にガスエンジン発電所を設け、周辺の商工業施設などに電力と冷暖房用の熱を供給する。

4月1日に特別目的会社(SPC)のスマートエナジー磐田(磐田市)を設立する。資本金は1億円で、現時点では94%をJFEエンジ、5%を磐田市、1%を磐田信用金庫が出資する予定。

コージェネ事業は発電過程で発生する廃熱も効率よく活用するため、利用者のエネルギーコストを下げられる。渡部修磐田市長は「日々ギリギリまでコストダウンに取り組んでおられる中小零細企業への大きな贈り物になる」と期待を語った。

JFEエンジは磐田市での取り組みをモデルケースに、同様の取り組みを全国の自治体に普及していく考えだ。

発電所建設の費用は12億円強かかる見通し。燃料のガスは都市ガスを用い、発電量は3000~5000キロワット規模を見込む。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]