/

京王電鉄、多摩動物公園駅前に新遊戯施設 2018年春開業

京王電鉄は1日、2018年春、東京都日野市の京王線多摩動物公園駅前に新たな子供向け遊戯施設を開業すると発表した。木のおもちゃやネット遊具などを備えた遊びスペースのほか、レストランを設置する。実物車両などを展示する既存施設の「京王レールランド」などと連携することで、同公園エリアの集客力向上につなげる。

新施設は多摩動物公園駅前にある同社所有地約3千平方メートルに建設。鉄骨造り地上2階建てで、延べ床面積は約2900平方メートル。来場客数は年間約25万人を見込んでいる。

1階は木のおもちゃや木のボールプールなどを置く「木育エリア」と、ネット遊具などのある「体育エリア」で構成。2階は様々なテーマを設定したワークショップを開く「知育エリア」と、テラス席のレストランからなる。2階にはミニ蒸気機関車を走らせるスペースも設ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン