/

千葉・浦安市内の3駅で公衆無線LAN 浦安市とNTT東日本

千葉県浦安市とNTT東日本は1日から浦安市内の鉄道3駅周辺で公衆無線LANサービスを始めた。うち2駅では公衆電話ボックスを活用してWi-Fi(ワイファイ)設備を設置した。NTT東は電話ボックスを有効活用するため昨年からスペースの貸し出しを始めており、県内での利用は初めて。

浦安、新浦安、舞浜の駅周辺で公衆無線LANサービス「Urayasu Free Wi-Fi」を提供する。1回あたりの接続時間は60分で、利用回数の制限はない。接続用画面は13言語に対応した。外国人観光客らが観光情報や交通情報を取得しやすくする。

電話ボックスを利用したのは浦安駅と舞浜駅。NTT東によると、ボックスには回線や電源があるため、Wi-Fi環境を整備するための費用や手間を抑えられるという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません