/

この記事は会員限定です

スポーツの聖地、五輪後も 神宮球場など建て替え

都など、再開発で店舗や住宅誘致

(更新) [有料会員限定]

東京都などが明治神宮外苑(新宿区)を再開発する。神宮球場などを建て替え、緑を確保しながら店舗や住宅を誘致する。2025年度末の完成を目指す。総事業費は1千億円規模に膨らむ可能性がある。スポーツの聖地で20年東京五輪の主会場の新国立競技場の周辺一帯を、大会後もにぎわう地域に育てる。五輪後の都市開発のモデルケースとなりそうだ。

1日午後に都と宗教法人明治神宮、日本スポーツ振興センター(JSC)、区画内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン