/

この記事は会員限定です

他人の細胞で再生医療 日立やエーザイ、実用へ投資加速

[有料会員限定]

他人の組織から作って備蓄した細胞を使う再生医療製品の実用化に向け、国内企業が投資を加速する。日立製作所は細胞を大量に自動培養する装置の開発拠点を新設するほか、日本トリムは胎盤などから採取した細胞から医薬品を開発する子会社を設立する。自分の細胞を使う場合より費用や治療期間が大幅に削減できるため再生医療の普及に弾みがつきそうだ。

日立は理化学研究所など医療分野の研究開発拠点が集積する神戸市内に「日立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン