/

三菱重や川重、造船事業の構造改革策を発表

三菱重工業川崎重工業が31日、造船事業の構造改革策を相次いで発表した。三菱重工は造船大手の今治造船や名村造船所と商船事業の提携で基本合意したと発表。川重は国内工場を集約し、商船の建造の軸足を中国に移すと発表した。世界的に新造船の需要が振るわないなかで事業を見直したり、他社との連携を模索したりすることで、競争力を維持する。

三菱重工は今治造船、名村造船所の2社と商船事業分野での提携で基本合意した。「それぞれの独立性を尊重しながら、相互補完やシナジーを追求する」としており、新技術の開発や生産面で連携していく。大島造船所(長崎県西海市)とも同様の基本合意に向けて継続協議中という。

川重は船舶海洋部門の事業構造を抜本的に見直すと発表した。「商船建造の軸足を国内から中国にシフトする」という。これまで神戸工場(神戸市)と坂出工場(香川県坂出市)で手掛けてきた国内商船建造を坂出工場に集約し、事業規模を約3割縮小する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン