/

アマゾン、ファッション特化の物流拠点を大阪にも 10月開設

アマゾンジャパン(東京・目黒)は31日、衣服などファッション関連の商品に特化した物流拠点を大阪府に開設すると発表した。ファッション特化型の物流拠点は埼玉県川越市に続いて2カ所目で、全国に向けて発送する。拠点を増やし物流量の増加に対応する。

10月に大阪府藤井寺市に商品の保管・在庫管理から発送までを担うフルフィルメントセンター「アマゾン藤井寺FC」を開設する。施設の延べ床面積は約6万5千平方メートル。

ネットでの注文が多い衣服などに特化して、商品を保管、梱包、発送する。ファッション関連商品の発送体制を強化する。アマゾンは5月に岡山県にも拠点を開設するなど、物流体制の強化を急いでいる。

アマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長は「雇用なども含めて地域社会に根ざしたFCづくりを展開したい」とコメントした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン