/

ソニー、村田製作所に175億円で電池事業譲渡

ソニーは足元で業績が低迷していた電池事業を売却する(東京都港区のソニー本社)

ソニーは31日、電池事業を約175億円で村田製作所に譲渡すると発表した。これに伴い、330億円の減損損失と45億円の税金費用を2017年3月期の連結決算に計上する。ソニーはスマートフォン(スマホ)などに使うリチウムイオン電池を1990年代に世界で初めて実用化したが、足元では業績が低迷。今年7月に村田製と事業売却で合意していた。譲渡は17年4月上旬に完了する予定。

2017年3月期の連結営業利益は前期比8%減の2700億円になる見通し。従来予想は同2%増の3000億円だったが、一転して3期ぶりの営業減益になる。売上高は前期比9%減の7兆4000億円と従来予想を据え置いた。純利益は59%減の600億円と、従来予想(800億円)を200億円下回る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン