2019年8月25日(日)

JFE、ベトナム高炉を東南アの中核に 1年近く遅れ稼働

2017/5/31 19:46
保存
共有
印刷
その他

JFEスチールは31日、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループなどと共同でベトナムで建設していた高炉一貫製鉄所の操業を開始したと発表した。日本勢が東南アジアで高炉事業に参画したのは初めて。JFEは新高炉を東南アジアの中核拠点と位置づけ、製造した半製品をベトナムの建設用途向けに販売するほか、東南アジアにあるグループの加工会社向けにも供給する。

同製鉄所はベトナムで初めての高炉で、同国中部のハティン省で稼働した。高炉から圧延工場、港湾設備なども備えた一貫工場で、JFEは運営会社に5%(約270億円)を出資した。総投資額は約1兆1千億円で、まずは年700万トンの粗鋼を生産する。将来は、1つの製鉄所として世界最大級の年2200万トンまで生産量を引き上げる計画だ。

当初は2016年6月の稼働を予定していたが、製鉄所周辺の海で魚が大量死したため地域住民による抗議デモが発生。政府の許可が下りるまで稼働を見送っていた。

JFEはこれまで熱延鋼板などの半製品を日本から東南アジアに供給し、現地で鋼材製品を加工し販売してきた。新高炉で生産した半製品などはグループの加工メーカーに供給するほか、需要の拡大が見込める自動車用鋼板の現地生産も検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。