/

この記事は会員限定です

ソニーもAIスピーカー 頭脳はグーグルに依存

[有料会員限定]

【ベルリン=吉野次郎、飯山順】ソニーパナソニックは会話型の人工知能(AI)を搭載した家庭用スピーカーを、今秋から冬にかけてそれぞれ発売する。中核技術となるAIには米グーグルの技術を採用。AIスピーカーの世界的な需要拡大をにらみ、AIを自社で開発するコストを省いて市場参入を急ぐ。一方で、競争力の源泉となるAI技術をグーグルに依存することで、商品戦略に制約を受けるリスクもありそうだ。

ソニーとパナソニックは、ドイツの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン