味の素、「Blendy」商標権取得 259億円で

2016/10/31 14:53
共有
保存
印刷
その他

 味の素は31日、子会社の味の素ゼネラルフーヅ(AGF)が、海外メーカーからライセンス使用していた「Blendy」などのコーヒーの商標権を全て取得すると発表した。商標の取得額は約259億円。商標を取得することで、新商品開発などにおける制約がなくなり、自由なブランド戦略の展開が可能になる。

 ジェイコブズ・ダウ・エグバーツ(オランダ)のグループ会社と同日、契約を締結、11月1日に商標権の移転登録を申請する。対象となる商標権は「Blendy」のほか、「MAXIM」や「TRIPLESSO」など。

 商標権を取得することで、毎年のライセンス使用料の支払いがなくなるほか、新製品開発やブランドロゴの使用で、制約がなくなる。

 AGFは缶コーヒーを除く家庭用コーヒー飲料市場で国内首位メーカー。2015年に味の素が、AGF株50%を保有していた米国モンデリーズ・インターナショナルから全株式を取得し、連結子会社化した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 16:15
16:00
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報