/

内視鏡使う外科手術支援ロボ販売 大学発ベンチャー

東京工業大学と東京医科歯科大学発の医療機器ベンチャー、リバーフィールド(東京・新宿、原口大輔社長)は31日、内視鏡を使う外科手術向け支援ロボットを8月に売り出すと発表した。医師の助手に代わって内視鏡を持ち、固定したり動かしたりしてサポートする。執刀医は頭部に装着したセンサーを通じ頭の動きにあわせて内視鏡を上下左右に動かす。

支援ロボは東工大と東京医科歯科大学が共同で開発した。空気圧で駆動するのが特徴だ。電動モーターによる駆動に比べて繊細な動きになるという。価格は1500万円程度で3年で100台の販売をめざす。

外科手術では開腹よりも負担が少ないとされる内視鏡の需要が増えているが、内視鏡を持つ助手らの不足が課題になっていた。特に人材不足が目立つ地方の医療機関で支援ロボが役立つ可能性がある。人件費を考慮すると「初期費用は1~2年で回収できる」(販売担当者)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン