NEC、500万円のスパコン 17年に発売

2014/11/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NECは2017年にも、価格が500万円程度のスーパーコンピューターを発売する。計算能力を現行機の5倍に上げながら部品を減らしてコストを抑えた。国産のスパコンは計算能力がより高い「京」があるが、企業などが共同利用しているため好きなときに使えないなどの難点がある。いつでも使える製品として企業や研究機関の導入を見込む。

開発した新型機「オーロラ」(仮称)は幅と奥行き、高さがともに1メートルの機種で計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]