アマゾン、独自コンテンツ20作品配信

2016/5/31 14:47
保存
共有
印刷
その他

アマゾンジャパン(東京・目黒)は31日、有料会員向けの動画配信サービス「プライム・ビデオ」で日本のオリジナル作品を提供すると発表した。ドラマやバラエティーなど20作品を順次配信する。インターネットの動画コンテンツは米ネットフリックスなども強化している。一般的な地上波放送や映画とは趣向の異なる個性的なコンテンツを世界展開できることを強みにして制作会社を囲い込む。

アマゾンは独自コンテンツとしてディーン・フジオカさん(右より3人目)などが出演するドラマを配信する

アマゾンは独自コンテンツとしてディーン・フジオカさん(右より3人目)などが出演するドラマを配信する

同日、既に配信している作品も含め12作品を公開した。国内に加えて、アマゾンの米国やイギリス、ドイツなどの会員向けにも配信する。

既に配信しているアニメ「仮面ライダーアマゾンズ」は、仮面ライダーの生誕45周年を記念したプロジェクト。1970年代に放映されたシリーズと同じタイトルだ。他の仮面ライダーより激しいアクションが特徴だ。「ウルトラマンオーブ」のスピンオフ作品も12月に配信する予定という。

7月15日に配信するドキュメンタリー「Invisible TOKYO」は、文化の発信者たちが新しい東京のイメージを描き出す内容になっている。音楽プロデューサーの小室哲哉さんやファッションモデルで女優の池田エライザさんらが出演する。

ドラマでは「はぴまり~Happy Marriage!?~」を6月22日に配信する。円城寺マキさんのベストセラーコミックが原作の実写ドラマで、人気俳優のディーン・フジオカさんらが出演する結婚をテーマにしたラブストーリーだ。

米国では独自の制作スタジオも抱えており、これらの作品を日本でも配信する。米アマゾン・ドット・コムのロイ・プライス・アマゾンスタジオ代表は「最高のストーリーテラーと協力し、力強く際立ったテレビ番組や動画を届けたい」と話した。

「プライム・ビデオ」は日本では昨年9月に開始。有料会員サービス「アマゾン・プライム」(年会費3900円)に加入すれば、追加料金なしで対象の動画作品が見放題となる。アマゾン・プライムはインターネット通販の送料無料に加え、動画や音楽の聴き放題サービスなどエンターテインメントの特典を充実させている。アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「プライムはアマゾンで最も重要なサービスだ」と強調する。

アマゾンは米国では新たに動画配信だけの月単位の定額サービスも開始している。2015年の世界の有料会員は14年比で5割増えている。独自コンテンツを増やすことで競争力を高め、有料会員を獲得する戦略を強めている。

(花井 悠希)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]