2019年5月24日(金)

発電「ガス・再生エネ」2強時代 原子力苦境に

2017/5/31 16:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電源の「主役交代」を象徴する事例が相次いでいる。30日には米国で大事故を起こしたスリーマイル島原子力発電所の閉鎖が決定。コストが安いシェールガスを燃料に使う火力発電に押され、先進国では原発の競争力が低下している。一方、一時は停滞した太陽光発電所は息を吹き返してきた。電源ではガスと再生可能エネルギーの2強時代がやってきている。

シェール革命で苦境に陥る原子力

スリーマイル島原発は1979年に米国史…

米スリーマイル島原発閉鎖へ

2017/5/31 9:32
原発だけでなく太陽光や風力も将来、デコミの対象になりうる

エネルギー「店じまい」日欧で本格化[有料会員限定]

2017/5/30 12:10

洋上風力、アジアで広がる導入機運[有料会員限定]

2017/5/30 0:30

太陽光、宴のあと 日本では未稼働分失効[有料会員限定]

2017/5/13 2:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報