/

武田薬品工業、抗がん剤の国内販売権取得

武田薬品工業 31日、米エクセリクシス社から抗がん剤候補薬の国内での開発・販売権を取得したと発表した。一時金として5千万ドル(約56億円)を支払う。肝細胞や腎細胞がんの治療で利用をめざす。想定する3つの用途で販売面まで含めた条件を達成すれば、武田は追加で最大9500万ドル(約107億円)を支払う。

取得したのは抗がん剤「カボザンチニブ」。2016年に欧米で腎細胞がん治療薬として承認された。日本では第1相臨床試験を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン