ヤマト運輸、食品物流の安全認証取得 海外から受託狙う

2017/9/1 23:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマト運輸は食品安全の国際規格「FSSC22000」で、物流部門の認証を日本の物流大手として初めて取得した。海外の食品スーパーなどは取引先の選定で、この認証の取得を重視する傾向がある。ヤマトは海外でクール便を手掛けており、認証取得をテコに外国企業からの物流の受託を増やしたい考えだ。

この認証は食品関連の国際団体が承認した規格で、衛生管理の基準などを定めている。食品メーカーを中心に約1万6000社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]