/

セガサミー、「ジョイポリス」を香港企業に売却

セガサミーホールディングスは31日、屋内型アミューズメント施設「ジョイポリス」を運営する子会社の株式の大半を香港企業に売却すると発表した。セガサミーはスマートフォン(スマホ)向けゲームなどを成長分野と位置づける一方、非中核事業から撤退・縮小している。今回のアミューズメント施設の売却を通じて資本効率を高める。

株式の大半を売却するのはセガサミーが100%出資する子会社のセガ・ライブクリエイション(東京・品川)。株式の85.1%を2017年1月1日付で香港拠点のチャイナ・テーマパーク社に譲渡する。譲渡価格は6億円。同社はセガサミーからライセンス供与を受けて中国・上海で「ジョイポリス」を運営している。

「ジョイポリス」はかつて国内7カ所で展開していたが、現在は東京・台場など2施設にまで縮小。2015年に開業した中国・青島での施設運営も赤字が続いていた。今回の子会社売却を受け、2017年3月期の連結決算で株式売却損として14億円を特別損失に計上する予定。

セガ・ライブクリエイションが展開する施設のうち、英国放送協会(BBC)が持つ自然番組映像を取り入れた体験施設「オービィ」は譲渡せず、セガグループに移管して運営を続ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン