/

東芝、6月28日の定時総会で決算報告できず

東芝は31日、6月28日開催の定時株主総会で、2017年3月期決算の報告を見送ると発表した。5月15日に試算値として数字を公表したが、監査法人との調整が長引いている。いまだに決算を確定できていないため、株主には後日、改めて開く臨時株主総会で報告する。

6月の定時株主総会は役員選任やエネルギー事業分社化の2つを議案として諮る。臨時総会の開催時期は公表していないが、秋ごろになるとみられる。臨時総会を開くのは15年4月に不適切会計が発覚してから3度目となり、異例の事態だ。

東芝は16年12月に発覚した米原子力事業の損失発生時期を巡り、監査法人のPwCあらたと意見が対立。4~12月期決算では適正な監査意見を得られなかった。現在、再度、あらたと協力し決算処理を急ぐが、過年度決算を訂正する可能性もあり作業が長引いている。

今後の焦点は6月30日に法定期限を迎える「有価証券報告書」の提出だが、延期の可能性が高まっている。東芝が延期しても金融庁は認めるとみられるが、4~12月期のように適正な監査意見が出ないと上場廃止基準に触れることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン